保存版☆パーマをかけれる髪の毛とかけれない髪の毛の違い。

初めましてのお客様で結構あるのが、パーマをかけれないくらいダメージがあって、結局カットしかできないパターンです。

これはかけたかったであろうお客様もそして僕も悲しくなるだけです。

パーマ ボブ ダメージレス ウェーブパーマ
bob perm

 

パーマもえぇかも!って思って貰おうとブログを書いています。表参道antiのRIKUSHIです。

では続きを

パーマをかけれるかどうかの判断は僕が考えていることは3つあります。

1.施術履歴

2.ダメージレベル

3.毛質

この3つがクリアできればパーマをかけることができます。(かけた方が良いかは別にして、、、。)

1.施術履歴

今生えている髪が今まで何をしてきたかです。基本的にストレートパーマ、縮毛矯正はNGです。

髪を真っ直ぐにした後にパーマをかけても狙い通りにいかない、もしくはハイダメージになります。

デジタルパーマも難しいです。デジタルパーマは熱の力でかけているので、同じデジタルパーマなら良いかもですが、僕はエアウェーブでパーマをかけるので仕上がりが狙いずらいのです。

2.ダメージレベル

カラーや普段使っているシャンプーやヘアアイロン等でダメージレベルは様々です。

こればっかりは美容師の経験値での判断になります。どのくらいと明確に示すのは難しいのですが、

ブリーチ(ハイライト等も含め)をした。

現在髪の色がかなり黄色っぽい。

毎日ストレートアイロンをしている。

髪の毛が良く切れる。

この辺りに該当している方は難しいかもしれません。

3.毛質

例えばかなり細くて軟毛の方がハードパーマをかけるとかなりのダメージになります。

逆にめちゃ硬くてかなりの直毛の方がニュアンスパーマはすぐ取れます。(※パーマは繰り返しかけるとカールの定着が良くなるので、この場合は馴染むまで数回かけるという手もあります。)

という感じで毛質とデザインがリンクしない場合もあります。

ロング パーマ パーマかけたい パーマ初めて
long perm

という事で

1.施術履歴

2.ダメージレベル

3.毛質

パーマをかけてみたい方はこれらを確認してみて下さい!

しかしこれはあくまでも目安です。めちゃ髪の毛強い人であれば、髪の毛黄色かったり、ブリーチしててもかけれる場合もあります。

そこを判断するのは美容師の腕と経験なので、パーマかけてみたいなーという方は是非ご相談だけでもご予約下さい!

パーマかけたい 初めてパーマ ショートパーマ
short perm