「LONG」タグアーカイブ

パーマは毛が曲がれば良い訳じゃない。何故パーマをかけるのかが大事じゃないかなと思う。

こんにちわ。パーマに関するブログをよく書いていてその中には、、、

朝アイロン巻かなくて良いしめっちゃ楽だよ!!

とか、、、

ボリューム出づらいならパーマが良いよ!!

など、、、

パーマかけた時のメリットをいろいろ書いています。

何故かというと、お客様がパーマに求めている所のひとつは悩みを解決する。がキーワードだと思っているからです。

それはパーマをかけるからこそ実現するメリットだと思います。

カットやカラーだけでは解決できない部分をパーマだからこそ解決することができる!!!

ショートだけどトップの立ち上がりが出づらい。毎日アイロンで巻くのが面倒だからパーマかけて楽にしたい。アレンジ好きだけどベースを巻くのに時間がかかる、、、。

そういう悩みの部分から『パーマかけてみようかな、、、。』と思うきっかけになることも多いと思います。

パーマが得意分野なのでパーマかける事で解決できる悩みがあれば、どんどんパーマをオススメしていきたい。

でも、、、

悩みの解決とか、楽にスタイリングしたいとかひっくるめて、僕が一番重要だと思っていることがあります。

それは、、、

『パーマをかける事でオシャレになる』

これを絶対に外したく無い!!

オシャレというと幅広く聞こえてしまうと思いますが、つまり一人一人にパーマスタイルが似合っていて魅力的になっているという意味です。

『ボリュームは出たけど本当にこれでオシャレになってるだろうか?』

『いや確かにウェーブのパーマがかかっているけど、このお客様に似合ってる?』

ただパーマがかかっていれば良いになってしまったら美容師はスタイリストじゃなくてパーマ屋になってしまうと思うんですよね。

だからパーマかける時はかけたらオシャレになった!と思って貰えることを一番に考えています。

ロングパーマ ウェーブパーマ
long perm

『そんなの当たり前じゃない?』

って思うのですが、パーマ強すぎて老けて見えるとか、頭が大きく見えるとか、髪がバサバサになって扱えないとか、一回パーマで失敗したからパーマは苦手意識がある。というか方が結構多いのも事実なんです。

そうならない為にこの人はどんなパーマが似合うのか?もっと言えば、本当にパーマが必要なのか?を考えて必要だと思ったら提案するようにしています。

パーマじゃない方がオシャレな事もあるし、毛質的に合わない場合もある。

例えば一つ、、、

ダメージが強い髪の毛に無理にパーマをかける

髪の毛ガシガシになる

見た目が可愛くないし、そんな状態じゃ家で扱えない。

すごくダメージがあって、その上ロングの髪であればガシガシになってしまう事は美容師であれば簡単に想像できるはずなんです。そのはずなのに扱えないパーマになってからどうにかして欲しくて、うちに来店される方が結構多いんですよね。

だったらダメージある所は切らせて貰う

可愛くスタイリングできるような状態でパーマをかける。

or

もしくは長期的に伸ばしながら少しずつ毛先は整えて、ダメージ部分が無くなってかけれるようになればパーマをかける。

というような提案をした方が見た目も可愛くなるし、スタイリングが簡単にできると思います!!

だから僕が最初に考えないと思っているのは、

1.このお客様はどうなったら悩みを解決しつつ、オシャレになったり可愛くなるか?

2.次にその為にはこのお客様はパーマがあったほうが楽に可愛くなれるか?

の順番で考えています。

ボブパーマ ショートパーマ
bob perm

パーマは悩みを解決しつつ、いかにオシャレにできるか。パーマが好きになって貰いたいので後悔するような提案はしたくないと思っています。

もちろんパーマを得意にしているので大前提としてパーマをかけたい方にはできるだけかけて満足して貰えるように考えるのですが、そこはケースバイケースで見極める力が大事だと思っています。

ただパーマをかけるのでは無くてお客さんそれぞれの悩みを理解して、似合うオシャレなパーマをかける。

それをきっかけにいろんなパーマスタイル楽しみたくなるようなデザインを作っていきたいと思っています。

text by…RIKUSHI (anti)

 

 

☆保存版☆パーマをかける時に失敗しないオーダーの仕方

カラーの情報やヘアアレンジのやり方とかは結構一般の方も知ってるのにパーマの事ってほとんど知っている人が居ないんですよね。

パーマに関してもう少し知識を得て、パーマを楽しんで貰いたいと思っています。

では今回はパーマを失敗しないオーダーの仕方や、何が失敗の原因となってしまうのかを書いていこうかと思います。

ショートヘア ショートパーマ クセ毛風パーマ
Short perm

まだまだ悲しい事にTwitterとかGoogleで『パーマ』って検索すると『パーマ失敗』とか『パーマ強すぎ』とかのワードがいっぱい出てきます。

実際に新規のお客様でも

『パーマはクリクリになったことがあるからちょっと不安』

『なんかチリチリになった事ある』

とか辛い事例を聞く事も多い、、、。

そりゃ大体美容室行ったら綺麗になることが当たり前だし、成功したからってネットにわざわざ書かないけど、失敗の方が流れるので、検索がネガティブになるのは仕方ないのかもしれません。

それにカラーは今や薬剤の進化が目覚しいのである程度ちゃんと塗ればある程度までは綺麗に染まるんです。(上手い人はめちゃ上手でやっぱり違いはあるけど、、、。)

パーマの方が巻き手の技術や知識、そもそもカット上手くないと可愛くできないのでそれなりにやろうとすると失敗しやすいのです。低単価の美容室が増えたからより失敗例が増えているのかもしれません。

だからなかなかパーマをまたかけたいって想える人が増えて無いんですよね。なんと美容室でパーマかける人って10%未満だそうです。

でももっとパーマをオシャレで良い感じにかけて貰える人が増えたらもっとパーマ好きな方も増えると思うんですよね。

ロングパーマ ウェーブパーマ ダメージレスパーマ
Long perm

では前置き長すぎましたが、何で失敗したと言う人が多くなってしまうんだろうか??いくつか理由を考えてみました。

理由①

『なりたいイメージが上手く伝わっていない』

特に初めて行く美容室なんかはその可能性はとっても高い。

美容師からしたらお客様の好きな雰囲気とか一瞬じゃあんまり分からないんです。話をして行くうちに何となく好みを掴んでくる事も多い。

美容室行くときって、いつもよりオシャレしたくなるし、新しい服とか着たくなりません?だから今日の雰囲気が全てでは無いと思っています。

なので失敗しないためにはまずなりたいイメージや何となく好きな雰囲気を少しでも伝えられるようにして下さい。

できれば好きな雰囲気の写真を2パターンくらいあると良いです。特にパーマの場合は『このくらいの強さのパーマ』とか『根元からふんわり動きが欲しい』とか『毛先だけに内巻きが良い』という伝え方ができるとベストだと思います。

それだけでもお客様のなりたいイメージをかなり考えられるし、そこから発展させて日頃のライフワークとか似合わせを考えてその人に合ったデザインを導く事もできる。※普段結ぶことが多いとか、朝は濡らすとかもデザイン考える上でポイントになるんです。

美容師が思うこうしたら可愛いな

お客様が思うこうして貰いたいな

意外とズレがある事が多いと思います。これば美容師側がもっと埋める努力をするべきではあるんですけどね、、、。

人の好みってけっこう違います。イメージソースが全く無いとなかなか自分のイメージぴったりにはならないかもしれません。でも美容師は幅広くデザインの勉強しているのでイメージが少しでもあればそこからヒントを得られるので失敗が少なくなるかと思います。

とはいえ僕はinstagramやホットペッパーとかのスタイルを見てデザインやセンスが好きな美容師さんにお任せするとかも全然アリだと思っています!どんな感じになるかのワクワク感を楽しんでも良いと思います!僕もお任せのお客様多いですし。

あくまで今回は『なるべく失敗しないようにするオーダーの仕方』はという事です。

ボブパーマ ワンカールパーマ クセ毛風パーマ
Bob perm

理由②

『初めてのお客様は施術履歴が分からない』

これはダメージレベルの話です。

長いこと担当させてもらっているお客様なら過去に何をしたかは担当の美容師さんがある程度覚えていると思います。

しかしまだ担当歴が短かかったり初めてのお客様だと、過去に何をしていたかは分からないのです。

例えば現状が暗い髪の毛でも過去に明るくしていたり、、、。これはつまり見た目よりもダメージが強いということになります。

実はパーマ液は僕の店でも扱っているものは7種類くらいあります。お店によって取り扱っている種類は様々ですが、それぞれの毛質や、ダメージの強さに応じて使い分けるんです。

それだけ細かくお客様の髪の状態に合わせて決めるので、履歴が分からないとかかり過ぎや、ダメージが強い、もしくはパーマが弱いという現象が起きます。

特にホームカラーはダメージが強く出やすいので、家でやったことあるなどもしっかり覚えている範囲で伝える事をオススメします。

恐らく美容師もカウンセリングで履歴聞いて来ると思います。(ちょっとでもカラーやパーマをしていたら普通美容師ならそこは一番注意する!!)

僕もはじめてのお客様にはあらゆる可能性を考えてめっちゃ質問します。※ウザかったらゴメンなさい。。

できるだけカウンセリング時になるべく過去の履歴を伝えれると失敗の可能性もグッと少なく行えると思います!

ボブパーマ ウェーブパーマ 外ハネパーマ
Bob perm

理由③

『そもそも担当した美容師さんがあまりパーマの経験や知識が無い』

これが最も辛い現実ですね。

先ほども出ましたが美容室のパーマ比率は平均で10%以下らしいです。カラーやカットに比べると圧倒的に経験が少ない。

経験が少ない→お客様にオススメできない→パーマのお客様増えない→経験増えない

この負のスパイラル抱えている美容師さんめちゃ多いので、日本全体でパーマをかける人が多くならない、、、。

だって勧めている美容師が少ないんだから。

あんなにもヘアカタでアイロン巻いてるのに、、、。

みんなカールスタイル好きなはずなのに、、、。

切ないですね。

そんな状況をちょっとでも良くなるようにこれからもパーマをかけたい人が増えるようにブログでも発信していきますので、是非また読んで下さい!

text by ANTI RIKUSHI

パーマかければより楽ちん!シリコンゴムだけで自分で作るヘアアレンジ☆

ヘアアレンジ パーマアレンジ ゴムだけアレンジ
Long arrange

こんにちわANTIのRIKUSHIです。

今回はパーマをかけていればもちろんアイロン要らず

ピンもいらない。

シリコンゴムだけでできる簡単でオシャレなヘアアレンジをご紹介!

プロセスも分かりやすく解説しましたので是非ご覧になってください!!

本当にパーマって日々の生活をめちゃ楽にしてくれます。

アレンジする時なんてアイロン巻くの15分くらいかかりません?

パーマがあれば5分で終わりですよ、、、。

楽して可愛いパーマとヘアアレンジのご紹介でした。

『パーマは頭皮に影響がありますか??』に対して答えます。

ANTIのRIKUSHIです。

『パーマって頭皮に影響ありますか?』

こちらもよくある質問ですね。

基本的には頭皮にさえ薬剤をつけなければ影響はありません!

ではまず、パーマをかける時のデザインってだいたい毛先を動かしたり

ボブパーマ 無造作パーマ 外ハネパーマ
Bob perm

ウェーブだとしても頭皮からかけている訳では無いんです。

ロングパーマ ダメージレスパーマ ウェーブパーマ
Long perm

なので頭頂部からカールが欲しいようなショートスタイルでなければ基本的に頭皮や皮膚に薬液がつくことは無いので影響はありません。

ショートパーマ くせ毛パーマ ダメージレスパーマ
Short perm

ショートスタイルでトップにボリュームが欲しい場合などは根元からカールをつけなければいけないので根元に薬剤がついてしまうとパーマ液はアルカリ剤なので染みてしまったり、赤くなってしまうこともあります。

それとパーマ液は少し空気に混じってしまうので、パーマ液の臭いが鼻にツンとしたり、少し目が染みる事はあります。

パーマ液が頭皮についたとしてもほとんどの方は影響ありません。ただし、元から頭皮が荒れていたり、赤くなっていたり、頭皮に傷があったりすると頭皮が染みる事があるので、頭皮の状態が良くない時は事前に美容師さんに相談してください。

頭皮の状態が良くなってからパーマをかける事をオススメします!


『もともと皮膚が弱くて敏感なんで心配なんです、、、。』

もともと皮膚が弱い方でもANTIでかけるパーマはショートの場合でもほ頭皮に薬剤を付けずにパーマをかけることができます!!

ANTIオリジナルの特殊なパーマのやり方でできるので、少し皮膚が弱いかたはいつでもご相談ください。


まとめ

1.ボブ以上で頭皮まで巻き込まないようなパーマはそもそもパーマ液が頭皮につく事は無いので頭皮へのダメージはありません。

2.現在何らかの原因で頭皮がすごく乾燥している、傷がある、炎症がおきている場合はまず頭皮を治しましょう。

3.元々敏感肌で心配な方は事前に美容師さんに相談しよう。ANTIではショートでも根元にパーマ液が垂れないようにするやり方があるので是非!


〜ちょっと余談〜

頭皮の乾燥が強くてフケが出やすい、敏感肌でかゆくなる、頭皮が凝っていて頭が重くなったりりする方。

頭皮の状態はヘッドスパにたまに行けば良いと思って無いですか??

髪の毛は美容室でトリートメントしても家でもトリートメントしますよね?

顔もたまにエステとか行ってても毎日化粧水と美容液はかかさずやりますよね?

頭皮もそれと一緒でたまにヘッドスパをするのはもちろん大事なのですが、毎日の家での頭皮ケアがめちゃ大事なんです!!

RIKUSHIのオススメ頭皮ケア商品

日本の頭皮ケアの先駆けESTESSiMOさんの製品

頭皮ケア 頭皮用美容液 

CELCERT TRUNKLY CONK(セルサートトランクリーコンク)

¥4600

白髪ケア、頭皮ケア、細毛、乾燥など頭皮に関する多くの悩みにアプローチしてくれる頭皮用美容液です!

頭皮が健康であれば、健康な髪が生えてくれたり、ストレスを軽減してくれます。自宅での頭皮ケアも大切にして下さい。

 

5分でできる!セルフで簡単オシャレヘアアレンジ。

ロングアレンジ 簡単アレンジ 5分アレンジ
Long arrange

ANTIのRIKUSHIです。

年末にかけて仕事が忙しくなってくる方も多いと思います。

そして忘年会、飲み会、女子会など夜が遅くなって来る、、、。

そして朝が起きれなくなるこの12月。

寒いしあと5分だけ布団に居させくれ!!!

ってなりますよね。。。

その5分をパーマをかけて作りましょう!!

ちょっとでも朝にゆっくりできるようにパーマをかけて毎日のスタイリング時間が5分は短縮できます!

ヘアアレンジもパーマがあれば簡単にオシャレにできますよ。

今回記事にしたのは使うアイテムもゴムだけの、簡単でいろんなシーンで使えるヘアアレンジをビューティーナビのコラムにてご紹介させて頂きました。

細かくプロセスや注意点も書いてあるので是非チャレンジしてみて下さい。

ロングヘア ロングアレンジ 簡単アレンジ ヘアアレンジ
Long arrange

僕がパーマをオススメする理由とこだわる理由。

ボブパーマ ボブウェーブ エアウェーブ
bob perm

 

『ヘアカタログってパーマスタイルが多くないですか?』

 

世の中に出ているヘアカタログや、ホットペッパービューティーなどの美容サイトを見てもほとんどがカールがついているヘアスタイルなんです。

その理由ってとってもシンプルで、単純にカールがある(パーマっぽい)方が可愛く見えたり、オシャレに感じるからなのかと。

なのに美容室でパーマかける人って全国平均だと10人に1人くらいらしい、、、。

ショートパーマ ショートヘア ニュアンスパーマ
short perm

可愛くてオシャレな髪型の見本はパーマスタイルが多いのに、実際にパーマかける人って少ないんですよね。

つまりヘアカタログ見て

「この髪型にしたい!」

って思って美容室行っても、カットは一緒な感じになってるけど、最後のパーマの感じはアイロンが上手な美容師さんにしてもらうからその日は可愛い!

になってしまう。家では上手にアイロン出来なかったり、面倒だったりして結局結んでしまうとか、、、。

サロン帰りだけじゃなく、家でも簡単に可愛くオシャレを楽しんで貰える髪型を提供したいと思う。

だからパーマをオススメしたいし、ANTIは僕が入社するずっと前から20年以上パーマにこだわり続けてきたのです。

トレンドのパーマデザインや、どうすればもっとダメージレスにできるかや、家でのスタイリングがいかに簡単になるか、、、。

まだまだパーマの可能性って広げられると思うので、これからもこだわり続けて行きたいと思います。

ロングヘア パーマヘア モテヘア オシャレ 冬ヘア
Long perm

Text by RIKUSHI (ANTI omotesando)

『パーマってどのくらい持つんですか?』に対する答え。

ショート パーマ ニュアンス 外ハネパーマ
short perm

『パーマってどのくらい持つんですか?』

これはとってもよく聞かれる質問です。

これには正直明確にお答えすることは正直難しいのが本音です、、、。

なぜなら、、、

1ヶ月で取れきってしまう方もいれば、1年くらい平気で残っている方もいる。

これはもちろんパーマの強さやデザインによっても変わるのですが、何より左右するのは『髪質』になります。

僕の場合は「これ以上のダメージは与えない」と「狙っているカールが出ている」を細かく確認しながらパーマのテストを行います。

それは当日のパーマのかかりにお客様によっての差ができるだけ生まれないように注意をしてかけるようにしたいからです。

それでも1ヶ月以内で取れてしまう方もいれば全然取れない方もいる。

ただしパーマが取れやすい方でもパーマは回数を重ねることで形状がどんどん記憶されていくので諦めないで下さい。こちらも合わせて読んでみて下さい。


ボブパーマ ボブウェーブ 外ハネパーマ
bob perm

ではここから質問の回答を

普通のパーマであればだいたい平均すると1ヶ月半くらいがパーマの持ちの目安になって来ます。

デジタルパーマやエアウェーブなどでかけた場合だと2ヶ月くらいが平均して持ってくれています。熱処理を行うぶん形状記憶されて持ちが良くなります!

それ以上持っている方はパーマに対して条件の良い髪質なのでよりパーマを楽しんでもらえると嬉しいですね!ただし強くかけすぎて残っている場合はダメージが強く出ていることもあるので注意です、、、。

逆に2,3週間で取れてしまった場合は美容師さんに相談してみると良いと思います。


ロングヘア ロングパーマ ウェーブパーマ
long perm

こんな方も結構多い、、、

『お店では可愛くしてもらえたのに、家だとできない、、、。』

パーマはスタイリングの仕方によっても大きく変わってくるので、パーマをかけた時はいつもと同じやり方ではなく、デザインに合わせた最適なスタイリング方法を教えてもらうことをオススメします!

↑正直これはかなり大切なポイント

美容師は髪質なんかを一番理解してデザインを考えるので、お客様に合ったスタイリングの仕方や使う商品もきっとオススメしてくれます。

乾かし方やワックスやムースのつけ方でも大きく変わるので家でもやり方をしっかり聞いて置くと良いですよ。

Text by RIKUSHI(ANTI omotesando)

前髪のパーマで雰囲気チェンジ!!前髪パーマヘアカタログ。

ショートパーマ ショートヘア 抜けバング
Short perm

【Beauty Navi 公式ナビゲーター記事up】

今回は前髪のパーマをまとめました。

前髪が変わると印象はガラッと変わりますよね。

今トレンドの前髪から定番のスタイルまで前髪のパーマ別でご紹介しています。

今っぽいトレンド感も定番のモテ前髪も全部パーマでデザインできます!

是非見て下さい!!!

 

毎日アイロンを巻くかパーマかけるか、、、どっちが髪の毛に優しいのか?

ミディアムパーマ ボブパーマ ウェーブパーマ
Medium perm

毎日アイロン巻くのが面倒くさくて、、、。

パーマをかけに来てくださるお客様の理由はだいたい楽にしたいからです。

そりゃそう思います。

僕が女性だったら朝巻く時間なんてまず無いです。

でもやっぱり毎朝頑張ってアイロン巻いてる女性って多いんですよね、、、。

とっても凄いと思います。

でもパーマをかけない理由を聞くと、一度パーマで失敗したとか、そもそもパーマやったこと無いとかあんまりパーマの魅力を知らない事が多いのは少し悲しい。

そんな方は一度チャレンジしに来て欲しいです。

とはいえやっぱりヘアアイロンでしか出せない巻き髪の感じってどうしてもあります。

例えばグルグルの縦巻きヘアとかはちょっとパーマじゃ難しいです、、、。

どうしてもパーマはナチュラルな動きになるので、あのボリューミーな盛りヘアは難しいのでアイロンでしか無理なんです。。

アイロンかパーマはやりたい雰囲気に合わせてチョイスするのも大切です!

ロングパーマ ウェーブパーマ ダメージレスパーマ
Long perm

ではここからが本題!

では結局パーマかけるのと毎日巻くのはどっちか良いのか?

比較して説明していきます。

1.スタイリング時間

圧倒的にパーマが楽です。朝は軽く濡らしてワックスつけてちょっと乾かして終わり。5分くらいで終わり。

2.ダメージ

これは毛質や状況によって変わります。アイロンを巻く温度が低いとか、月に数回しか巻かないならアイロンのがダメージは少ないです。コンスタントに150度以上で巻いてるならパーマをかけた方が髪に優しいと思います。

3.仕上がり

これは仕上がりの好みですね!

アイロン→カール感がしっかり出て華やかな印象になります。

パーマ→ナチュラルであくまで自然なクセっぽいカールになります。

4.キープ力

アイロン→雨降ったり湿度が高いと取れやすいですね。

パーマ→雨が降ってもキープできます!夕方落ちてきてもワックスなどを持ち歩いていれば簡単に復活できます。

ボブパーマ 外ハネパーマ ワンカールパーマ
Bob perm

まとめ

ダメージは日頃のスタイリングの仕方によって変わり、仕上がりは好みが分かれますね。スタイリングの楽さやキープ力はパーマの方が断然オススメです!!

外国人のクセっぽい動きが好きな方や、ナチュラルな動きが欲しい方はパーマの方が簡単に毎日なりたいイメージにできます。

是非参考にしてみて下さい。

Text by RIKUSHI (ANTI omotesando)

パーマかけたらスタイリング剤って何を使えば良いの??雰囲気の違いを分かりやすく見せます。

ロングヘアパーマ ウェットヘア ウェーブバーマ
Long perm

ビューティーナビ公式ナビゲーター記事更新しました。

今回はサロンワークで質問の多いスタイリング剤の選び方です

同じパーマでもスタイリング剤を変えるだけで雰囲気がガラッと変わります。

スタイリング剤っていっぱいありすぎてイマイチ何が良いのか分からないですよね、、、。

髪に悪いものでは無いので不正解は無いのですが、一番大事なのはどんなイメージになりたいかで使うものを選ぶことだと思います。

柔らかい印象を与えるふんわりヘアとオシャレでクールな印象のウェットヘアの違いを分かりやすく記事にしました。

なりたい雰囲気に合わせたオススメのスタイリング剤を選んでみて下さい。