ショートパーマ


ダメージレスパーマへのこだわり

豊富な経験から一人一人の髪質を見極めた薬剤設定、オリジナルのパーマ理論とダメージケア理論で、最低限のダメージで扱いやすいパーマが特徴です。


『Life with permanent』生活と共にパーマがあることを目指しています。お客様のライフワークに合わせたお洒落なデザインと楽なスタイリングのやり方を考えます。

仕上がりに対してのこだわり

手触りが柔らかく、ガシガシしない仕上がりが他には無いポイントです。クセ毛っぽい自然な馴染みのあるパーマが好きな方にオススメです。




トレンドのウルフヘア!パーマをかけるとどうなるの?

トレンドのウルフヘア!パーマをかけるとどうなるの?

こんにちわ!

パーマを初めてかけたい方やパーマが上手くいかなかった事がある方にパーマの良さを実感してもらう。

パーマをかける事でオシャレになり、そして生活が楽になること、

そして何よりパーマを好きになってもらえるように日々技術を磨いている美容師

RIKIUSHI(@RikushiEto)です♪

パーマの正しい知識を伝えるために書いてます!

はじめにRIKUSHIって誰?パーマに対しての熱い思いなど。

パーマの事を詳しく知りたいかたはまずコチラ

これを読めば本当のパーマが分かる!パーマをかける前に読むべき10記事まとめ


今回のテーマはトレンドになりつつあるウルフヘアですね。

ウルフヘアとは字のごとく狼をモチーフにしたスタイルのこと

ウルフヘア

 

うん。

分かりにくいですね。

簡単に言うと頭頂部の髪が短くて襟足の髪が長い髪型です。

 

この感じがジワジワとトレンドになって来ている訳です!

襟足が長いスタイルなのでレングスを変えなくても気分をチェンジすることができるのもウルフスタイルの良い所です。

 

そしてさらにパーマをかける事でよりイメージを変えたりスタイリングも楽にしてしまおうという訳ですね。

 

まさにトレンドを抑えつつ、気分を変えて楽してオシャレにするという一石三鳥スタイルです!←多分もっと良い言い方ある、、、。

 

こんな方にオススメです↓

  • レングスを変えずに気分を変えたい
  • トレンドのスタイルにしたい
  • 楽にオシャレをしたい
  • 直毛で動きが出ない
  • ペタンとしてボリュームが出ない
  • スタイリングを楽にしたい

こんな感じでお悩みの方に是非オススメのパーマスタイルとなっています!





まずはBEFORE

前髪直毛

前髪は直毛でストンとしています。

ハイライトパーマ

ハイトーンの履歴があり、見た目以上にダメージがあります。

 

今回のモデルさんの髪の特徴は

  • 直毛でパーマがかかりにくくて取れやすい
  • ハイトーンの履歴があるので痛みやすい
  • ストンとしていてボリュームが出にくい
  • 軟毛でカールが出にくい

これらのポイントがあるので、それを踏まえた上でパーマをかけたいと思います。


ではパーマをかけていきます。

ここまで読んで頂いた方はなんとなく予想できる方もいるかもですが僕の心中は

まぁまぁ薬剤設定が難しいやないか、、、。

 

モデルさんの髪は、

  • 直毛なのでパーマかかりにくい
  • しかしダメージが強いので強い薬剤を使うと危険
  • 軟毛でストンとしているのでボリュームが出にくい

というように強すぎても弱すぎてもダメというギリギリの所を計算する必要があります、、、。

ショートパーマ

入れた段(レイヤー)に合わせてスタイリングしやすい無造作な動きを出しています。

ウルフパーマ

表面からボリュームが出やすいように根元付近まで巻き込みます

前髪も根元からふんわりボリュームが出るように巻き込みます。

 

そしてゆっくりと薬剤を反応させていく、、、

 

今回はダメージになりやすいのにかかりにくい髪質なのでじっくり反応を見ながら安全策を取らないと怖いパターン。

エアウェーブパーマ

そしたらエアウェーブに入ってしっかり形状記憶を行い、スタイリングをやりやすくします。


洗い上がり&仕上がり

ウルフパーマ
洗い上がりの状態で上の方から柔らかい動きが出てくれています。

前髪パーマ

前髪もふんわりボリュームが出ていて良いですね!

 

今回僕がこのスタイルのオススメにしていたpointは

  • レングスを変えずに気分を変えたい
  • トレンドのスタイルにしたい
  • 楽にオシャレをしたい
  • 直毛で動きが出ない
  • ペタンとしてボリュームが出ない
  • スタイリングを楽にしたい

 

という方にオススメでした!

いかがでしょうか?

ウルフパーマ

軽くスタイリング剤をもみ込むだけで、前髪もふんわり、全体のボリュームも出てくれます。

撮影用にちょいとしっかりめにスタイリングすると、、、

ウルフウェーブ

ウルフパーマ

可愛いですね。

しっかりパーマ動かしつつも、どことなく抜け感を作ってアンニュイな雰囲気にもっていくのが今っぽい!!

耳かけパーマ

部分的に耳にかけたりすると、抜け感が出るので女性らしいオシャレさを出してくれます。


使用したスタイリング剤&セット方法

ワックス ニゼルジェリーS

MILBON nigelle jelly  S

 

今回はコチラのワックスを使用しています。

しっかりと潤いをキープしつつ動きを出してくれるワックスです。

 

乾燥してきやすいパーマスタイルも、夜までスタイルをキープしてくれるので使いやすくてパーマとの相性も良い万能ワックス。

DEMIオイル ヘアオイル ウェットヘア

DEMI  PATAGONICOIL  EXTRA

 

そしてこちらはボディオイルとしても使えるオイルなのですが、

個人的にはパーマの仕上げの質感をとてつもなく良い感じに仕上げてくれるオイルです。

 

パーマの動きを残しつつキレイな細かい束感とツヤを出してくれる優れものですね!

 

☆ご自宅での朝のスタイリングの方法

  1. まずは全体を軽く濡らして(約3割程)寝癖を取りつつパーマを戻します
  2. 乾いたタオルで持ち上げるように揉み込んで余分な水分を取ります
  3. jelly Sとエクストラオイルを半分ずつくらい混ぜて髪の毛全体に揉み込んでいきます
  4. 襟足やもみあげにもしっかりつけて全体のバランスを整えます
  5. 前髪は手に残ったワックスを揉み込みます。
  6. あとは自然乾燥させればOK!!

 

 

というようにドライヤーを使わずにできる時短スタイリングなので、朝時間が無いという方にも是非オススメです!


いかがでしたでしょうか?

 

まさにトレンドを抑えつつ、気分を変えて楽してオシャレにするという一石三鳥スタイルでした!w

 

ではまた!


パーマの事について詳しく知りたい方はまずコレ読んで貰えれば分かりやすいです。

これを読めば本当のパーマが分かる!パーマをかける前に読むべき10記事まとめ

ご予約ご希望の方はコチラから

WEBから直接予約

RIKUSHIにご予約・ご相談はコチラ

URL
TBURL
Return Top