ショートパーマ


ダメージレスパーマへのこだわり

豊富な経験から一人一人の髪質を見極めた薬剤設定、オリジナルのパーマ理論とダメージケア理論で、最低限のダメージで扱いやすいパーマが特徴です。


『Life with permanent』生活と共にパーマがあることを目指しています。お客様のライフワークに合わせたお洒落なデザインと楽なスタイリングのやり方を考えます。

仕上がりに対してのこだわり

手触りが柔らかく、ガシガシしない仕上がりが他には無いポイントです。クセ毛っぽい自然な馴染みのあるパーマが好きな方にオススメです。




トレンドは決まりすぎない“こなれ感”!大人の抜け感ショートパーマヘア

トレンドは決まりすぎない“こなれ感”!大人の抜け感ショートパーマヘア

こんにちわ!

パーマを初めてかけたい方・パーマを失敗した事がある方に

パーマをかける事でオシャレで生活が楽しくなることを実感してもらう。

そしてパーマを好きになってもらえるように日々技術を磨いている美容師

RIKUSHI(@RikushiEto)です。

突然ですが、最近こんなこと聞くこと無いですか?

「こなれ感あると大人っぽいよねー。」

「抜け感出すのが今のオシャレだよねー。」

僕はと言うと、

“こなれ感”はイッサイガッサイ出ませんが、

“抜け”に関しては人の倍あります。

“抜け感”というより

“抜けています”

・何故か電車乗り過ごす

・だいたい朝起きたら携帯の充電2%

・中国出張なのに何を思ったか国内線出口から出ようとして大惨事

“抜け感”ですね。トレンド抑えてますね。

僕の話は置いておきましょう。


本題です。

今年のトレンドのキーワード。

雑誌にも沢山出て来ましたね。

「抜け感女子」

「こなれ女子」

このふたつは同じような要素を持っていると思います。

キーポイントとなるのは

「決まりすぎないのにオシャレ」

みたいな所でしょうか。

力は全然入っていないのに、バランスがオシャレだったり、

ゆるい素材感なのに、キレイなシルエットで締まりを出していたりというイメージです。

ということで今回のパーマは最新のトレンド

「決まりすぎない!大人の抜け感ショートパーマ」です!!


まずはBEFORE↓

パーマ  before

少し伸びっぱなしでまとまりずらくなっています。

パーマ before

後ろももっさりとシルエットが崩れてしまっているのでスッキリとバランスを整えます。

☆今回のオーダー
1.大人っぽくしたい
2.スッキリ長さを変えたい
3.スタイリングを楽にしたい

とのことなので、この3つをカットとパーマで叶えていきたいと思います。


☆パーマをかける前に注意しておいた事
1.やや硬めの髪

薬が弱すぎるとパーマがかからない。
2.乾燥しやすい髪質

強くかけすぎるとパサついて見えやすい。
3.元々少しうねるクセがある

クセとパーマが上手く噛み合うようにカットとパーマを計算する。

このように、最初から髪質やカットのやり方まで考えておきます。

最終的に良い仕上がりになるために大切にしているポイントです!


まずはカットから↓

前髪長め ショートヘア

前髪は大人っぽくしたいので、長さは残しつつ、

前から見たときに丸みが出るようにカットすると、パーマをかけた時にバランスが良くなります。

ショートヘア カット

襟足はタイトに、後頭部には丸みをつけてメリハリを強調します。

大人っぽく魅せるためにはメリハリも大切です!


いよいよパーマですね↓

ショートヘア パーマ

前髪は長さを残しているので、

ふんわり立ち上がりつつ、自然に流れるようにかけるのがポイントです。

ショートヘア パーマ

表面は柔らかく毛流れができるように大きめのロッドでリバース巻き、

耳下はタイトに襟足に沿うようにパーマをかけています。


今回のパーマで気をつけたpoint!
1.細かくかかりすぎると「抜け感」が出ないので、表面には大きめのロッド
2.後ろに少しクセがあるので、収まりやすいように巻く
3.濡れている時はパーマが出て、ラフに乾かすと緩くなるように構成


洗い上がりはコチラ↓

ショートヘア パーマ

濡れている時は割としっかりめにパーマが出ているのが分かると思います。

ショートヘア ウェーブ

パーマは濡れている時が一番しっかり出ます。

つまりこのまま自然乾燥すればパーマっぽさの強いスタイリングができます!

逆にざっくりと乾かせばニュアンスのパーマにスタイリングできるので気分やファッションで変えてもOKです。


では仕上がりを↓

こなれ感 パーマ

前髪はふんわり流れるような動き、

そして全体的に柔らかい丸みを出しているのがポイントです!

抜け感 ショート パーマ

耳周りはすっきりさせて、“抜け感”を協調。

全体的にゆるいパーマの柔らかさがあることで“こなれ感”を演出しています。


ここで今回パーマで叶えたかった事(今回のオーダー)を振り返ってみます。

1.大人っぽくしたい

前髪は長さを残したり、

“こなれ感”を与えることで大人っぽく。

2.スッキリ長さを変えたい

肩ラインからショートまでばっさりカット。

3.スタイリングを楽にしたい

自然乾燥でも良し、ラフにドライしても良しの簡単スタイル!

というように、上手くパーマでオーダーに答えられたのではないでしょうか??

Instagramで動画でも紹介しています↓

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RIKUSHI【ANTI】パーマ屋さん(@rikushi_anti)がシェアした投稿

 

是非フォローお願い致します☆


今回のパーマをオススメしたいのはこんなお悩みを持っている方です↓
☆短いとボーイッシュになりがちなので大人っぽさが欲しい
☆ショートから伸ばしたいけどすぐ飽きてしまう
☆“こなれ感”や“抜け感”を髪型でも出したい
☆短くしたいけど上手く扱えるか不安

という方にオススメのパーマスタイルです!

是非パーマをかけて“大人のこなれヘア”を手に入れましょう!!


パーマって

失敗している人が多い

すごくダメージになる

などネガティブなイメージが多いですが、パーマはしっかりとした理論の元でかければ、

とっても扱いやすくて、楽してオシャレを叶えられるメニューです!!

RIKUSHIのパーマのこだわりのPOINT

1.ダメージレスパーマへのこだわり

豊富な経験から一人一人の髪質を見極めた薬剤設定、オリジナルのパーマ理論とダメージケア理論で、最低限のダメージで扱いやすいパーマが特徴です。

2.簡単にスタイリングができることへのこだわり。

生活と共にパーマがあることを目指しています。お客様のライフワークに合わせたお洒落なデザインと楽なスタイリングのやり方を考えます。

3.仕上がりに対してのこだわり

手触りが柔らかく、ガシガシしない仕上がりが他には無いポイントです。クセ毛っぽい自然な馴染みのあるパーマが好きな方にオススメです。

☆こんなお悩みをお持ちのお客様にご来店を頂いております

・パーマを過去に失敗してしばらくトラウマがあったがまたかけてみたい!

・初めてのパーマで自分で上手く扱えるか不安!

・朝が忙しくてあまり髪の毛をスタイリングする時間が無い!

・パーマをかけてみたいけど、自分にどんなパーマが似合うのか分からない!

お気軽にご相談下さい♪

URL
TBURL
Return Top